スポンサードリンク

2008年05月17日

寺脇康文が「相棒」で快進撃!!

寺脇康文(46)の快進撃が続いている。

 寺脇は、興収30億円超えが予想される映画「相棒 劇場版」で、文字通り、主演の水谷豊の“相棒刑事”を演じている。先週9日には、ドラマ「相棒」(テレビ朝日)の演技を評価され、「第16回橋田賞」を水谷とともに受賞。今は映画のPRで息をつく暇もないほどだが、今月24日から7月6日までは舞台「恐竜と隣人のポルカ」で主演を務めるという。大忙しだ。

寺脇の活躍は役者だけにとどまらない。この4月にテレビ東京の音楽番組「ミューズの晩餐」の司会者に起用され、今月17日からはTBSの北京五輪バレーボール世界最終予選の応援キャスターも務める。まさにマルチ人間だ。

放送評論家の松尾羊一氏がこう言う。

「さわやかで好感が持てるのに、寺脇にあまり存在感を感じられないのは、“クセ”が少ないからでしょう。しかし、演技は安定しているし、司会でも臨機応変に対処できる。舞台での長い下積み経験が生きているのだと思う」

今後もマルチに活躍であろう貴重な一人だな。


posted by エンタマ at 14:48| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元モーニング娘。の加護亜依が香港映画で女優復帰!!

元モーニング娘。の加護亜依が、香港映画「功夫廚神(カンフーチュウジン)」(原題)で女優として復帰することになり会見した。2度の未成年喫煙騒動で昨年3月に所属事務所を解雇された。

リストカットで自殺を図ったことについて加護は「自分は必要とされていないと思って切ってしまった。人間として最悪なことをした。もうやりません」と再生を誓った。

映画ではサモ・ハン・キンポーや「F4」のヴァネス・ウーらと共演。「つらいことや悔しいことがあったけど、乗り越えられたから今の自分がある。すごく緊張しているけど、私なりに頑張ります」と再出発に向け意気込みを語った

久々の会見で少し大人びた様子を見せてくれた。頑張って欲しいものだ。
posted by エンタマ at 09:28| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
売上げ件数No.1 あなたの日常をエクササイズに変える!【父の日】歩くだけで"脱"メタボ体型 クロスウォーカー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。