スポンサードリンク

2007年08月12日

クレヨンしんちゃん 遂に死者が出る?

ファミリーマンガ「クレヨンしんちゃん」が、「鬱な展開」になっていると一部ネットで大騒ぎをしているらしい。

というのが、しんちゃんの先生「まつざか梅」の恋人がテロに巻き込まれ死亡。「梅」はウィスキーをラッパ飲みし、涙を流しながら、後を追おうとしている。
単行本の最新巻には、死んだネコの上をハエが飛び回る絵もあるらしい。

原作者の臼井儀人さんに対して「残酷だな」などのカキコミも出ているようだがそもそもファミリー向けだったのか?一概に言えない。読者・視聴者の受けて側がそう思っていただけであって原作者はそうではないかも知れない。しんちゃんのキャラ設定にしても元々ブラックユーモアタップリではないか!といいたくなる。

余り過敏に反応せずによくよく考えて欲しいものだ。それだけ影響力があるマンガという事は理解できるが・・・。


posted by エンタマ at 16:47| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売上げ件数No.1 あなたの日常をエクササイズに変える!【父の日】歩くだけで"脱"メタボ体型 クロスウォーカー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。