スポンサードリンク

2007年09月27日

山田風太郎の直筆原稿見つかる!

山田風太郎(1922〜2001)が週刊誌に掲載した「エドの舞踏会」「ラスプーチンが来た」の直筆原稿が見つかり、兵庫県養父市の「山田風太郎記念館」に寄贈された。
 山田は約300編の小説を残したが、随筆や日記などに比べて直筆原稿は少ない。

山田は約300編の小説を残したが、随筆や日記などに比べて直筆原稿は少ない。
 これまで記念館に集まった小説の直筆原稿も「本能寺未来記」など3編だけ。このうち「ラスプーチンが来た」は前半部分だけが展示されており、今回、残りが見つかったことで全編そろうことに。
これはかなりの貴重な資料になるはずw山田記念館でも展示会があるようで、ファンなら一見の価値はあるだろう。


ラベル:山田風太郎
posted by エンタマ at 23:55| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
売上げ件数No.1 あなたの日常をエクササイズに変える!【父の日】歩くだけで"脱"メタボ体型 クロスウォーカー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。